2変数関数をステンレスで表現したアートオブジェ、数楽アート ブランドストーリー「誕生のいきさつ」(株)大橋製作所

数楽アート誕生のいきさつ

この美しさとけますか?

商品ラインナップ 馬の鞍Ⅰ 馬の鞍Ⅱ 馬の鞍Ⅲ 放物面 円錐 波紋 半球 円筒の交差 ガウス関数

ブランド一覧

メタルクリスタル 東京スカイツリー(R) 特設サイト

radiance

petit

petit


取扱い店舗

丸善日本橋店
丸善日本橋店 店舗一覧を見る >>


オンラインショップ

ナレッジワーカー

Amazon

三省堂書店

オンラインショップ


twitter



受賞・表賞

認定商品

ニューマーケット開拓支援事業

中小企業新技術・新製品コンクール

HOME > 数学アートストーリー > 誕生のいきさつ

馬の鞍I
数楽アートとは

馬の鞍II 数学とは学生時代に勉強するもの、そう思い込んでいませんか? でも私たちは普段、数をかぞえたり、ものを測ったり、計算して何かを決めたり、結果を予測したりしています。また、図形や空間の数学である幾何学は、小さなものから大きなものまで、いろんなもののデザインに活用されています。そう、私たちは数学に頼って生活しているのです。

「数楽アート」は、そんな数学の「2変数関数」を大正5年の創業以来100年にわたり培ってきた金属加工技術の駆使により立体グラフ化した、世界で初めてのステンレス製アート・オブジェです。
自然現象や社会現象を数学的モデルに置き換えて分析・予測しようとするとき、複数個の変数からなる「多変数関数」が、道具としてよく用いられます。
数楽アートの作品は、この多変数関数のひとつである「2変数関数」に基づいており、関数が示す軌跡に沿って切断した数十枚のステンレス鋼板を、熟練の職人が手作業で格子状に組み合わせることでできています。

見る角度によって表情を変える深遠なフォルム、幾重にも重なる幾何学構造が織りなす神秘的な輝き──これらはすべて、たった2つの変数からなる数式から導きだされたもの。
「えっ? 数学ってこんなに美しかったの」──そんな声が聞こえてきそうですね。

CGでしか見ることができなかった”あの関数”が、熟練職人の匠の技により3次元の世界に具現化──全9種類・20点の作品たちとの出会いは、きっとあなたに新鮮な驚きや発見をもたらすことでしょう。
さぁ、あなたはどの関数に魅せられますか?


"Sugaku Art"
OHASHI ENGINEERING CO.,LTD. a metal work factory,located in Ota city Tokyo was the first in the world to produce a stainless steel,stereographic objet d'art of "2 variable function" in math, using metal work skills.
The objet d'art is made of several tens of stainless steel sheets cut by laser, along the loci shown by function, for example z=axy, z=a(x ²-y ²), and combined with each other in grid.
This is a new art product which visibly expresses mathematics.Taking a look at product, people may say,"I've never imagined mathematics is this beautiful".

数楽アート誕生秘話

半球 2009年6月──某大学の産学連携支援部門を訪れたときのことです。

訪問目的は、ある装置の開発に関する打合せだったのですが、ふと室内に飾ってあった紙製の不思議な立体模型に目がとまり、「これはなんですか?」と質問したのが、そもそもの始まりでした。
先生は嬉しそうに模型を手に取ると、「2変数関数が描く軌跡に沿って紙を切り、その紙を格子状に組み上げることで関数が示す立体像を表現したものである」と説明してくれました。
「これが金属で出来たらどんなに美しいことだろう……」
その一言が、創業以来の伝統である弊社の挑戦心に火を付けました。
「それでは弊社が挑戦します!」
大学の先生を驚かせてみたいという気概と共に、弊社の技術力をアートの世界に広げることで豊かな生活空間を提供することに貢献したい、さらには日本の職人の高い技術を広く知っていただくことで、モノづくりに対する評価、誇りを取り戻したい──そんな想いから、数楽アートの開発が始まったのです。



馬の鞍II 光のハーモニー
数楽アートは表面に光沢を有するステンレス鋼材を用いているため、光をよく反射します。このため形の美しさのみならず、幾何学構造が幾重にも織りなす「光のハーモニー」を楽しむことができます。

「理」の美しさを楽しむ
数楽アートは、例えば「断面に、宇宙をさまよう彗星の軌道が全て隠されている」(COMET)、「円と四角の融合という古代中国の宇宙観・天円地方をを見出すことができる」(円筒の交差)といったように、宇宙へのロマンを刺激する、「理」の美しさを楽しむことができる作品です。
comet
「答え」のある美しさ
これまでの芸術作品は、見る者によって複数の解釈が存在する、云わば「答えのない美しさ」でしたが、数楽アートは2変数関数がつむぎ出す立体像の審美性、すなわち数学に裏打ちされた「答えのある美しさ」を追求した作品です。





>> STEP3 匠の技術

▲このページの先頭へ




HOMENews&Topics会社概要誕生のいきさつ匠の技術開発者インタヴューダウンロードお問い合わせ
ギャラリー数学おもしろ本寄せられた声メディア掲載情報リンク

RadianceシリーズPetitシリーズ
PEGASUS IPEGASUS IIPEGASUS IIIGRAVITYCOMET波紋STELLA円筒の交差


株式会社大橋製作所
〒143-0013 東京都大田区大森南3-19-11 Tel 03-3744-5351