2変数関数をステンレスで表現したアートオブジェ、数楽アート ブランドストーリー「匠の技術と品質管理」(株)大橋製作所

ブランドストーリー「匠の技術と品質管理」

 ブランドストーリー「匠の技術と品質管理」

商品ラインナップ 馬の鞍Ⅰ 馬の鞍Ⅱ 馬の鞍Ⅲ 放物面 円錐 波紋 半球 円筒の交差 ガウス関数

ブランド一覧

メタルクリスタル 東京スカイツリー(R) 特設サイト

radiance

petit

petit


取扱い店舗

丸善日本橋店
丸善日本橋店 店舗一覧を見る >>


オンラインショップ

ナレッジワーカー

Amazon

三省堂書店

オンラインショップ


twitter



受賞・表賞

認定商品

ニューマーケット開拓支援事業

中小企業新技術・新製品コンクール

HOME > 数学アートストーリー > 匠の技術

数楽アートストーリー
モノづくりへのこだわり

モノづくりへのこだわり 『数楽アートの制作には、工程毎に専門の技術が投入されている。 2変数関数の具現化──そこには、試行錯誤と想像を絶する細かな作業があった。 その驚くべき技とは──。』
(TV番組 『WAZABITO ─ 世界に羽ばたく大田の技術 ─ 』 より)

このページでは、神秘の造形美を生みだした匠達の「技」をご紹介いたします。



モノづくりへのこだわり

NCデータ 2変数関数──。それは、理論上の無数の「点」の集合体。
関数が紡ぎだす膨大な座標データを、レーザー加工機が実際に動作できる「直線(加工経路)」 の情報に変換することなしに、数式は決して現実の世界に具現化しません。

必要最低限の直線でもって美しい曲線を生み出す。このデータ生成プロセスを支えるのが、 職人の技。

コンピューター制御の設備が動くのも、”匠”の存在があってこそなのです。


モノづくりへのこだわり

残留溶融物 OHASHIの伝統である精密板金加工。
光沢ある鋼材の表面に傷をいっさい付けることなく切断するために開発された専門技術は、 数知れません。

機械のクセを読み取りながらレーザー加工機が動作する条件を細かく設定し直し、トライ&エラーを繰り返す──。 匠達のあくこと無い探究心は、ついにレーザー加工の常識を超え、”数式を切断する”ことに成功しました。


モノづくりへのこだわり

厳しい品質チェック 数楽アートに用いる金属は、輝きに満ちた光沢材。
その美しさを保つには、鋼材表面につく傷は大敵。

みじんの曇りも無い作品を作るため、五感を研ぎすませ、 ときに呼吸を止めながら、全神経を切り出された”数式” の一片一片に集中させます。

「ヒューッ」

職人の口から短い呼気がモレ、穏やかな笑みが浮かぶ──。 こうして、数楽アートが完成するのです。

>> STEP4 開発者インタビュー

▲このページの先頭へ




HOMENews&Topics会社概要誕生のいきさつ匠の技術開発者インタヴューダウンロードお問い合わせ
ギャラリー数学おもしろ本寄せられた声メディア掲載情報リンク

RadianceシリーズPetitシリーズ
PEGASUS IPEGASUS IIPEGASUS IIIGRAVITYCOMET波紋STELLA円筒の交差


株式会社大橋製作所
〒143-0013 東京都大田区大森南3-19-11 Tel 03-3744-5351